できない問題について

子供によってはできない問題があります。どうしても理解できないで答えを導くことができないという場合があるでしょう。そのような問題は後回しにしてできる問題を解かせるのが良いかもしれません。そうすれば中学受験で獲得できる点数を増やすことができます。ただし、これをする場合はどのような問題ができないかに注意してください。その問題ができないことにより、全体的に問題を解くことができないという場合はしっかりと解けるようにしましょう。

中学受験をする上で、できない問題というのが出てきます。中学受験の試験中にそのような問題を何分も解いても時間の無駄になることがありますので、解ける問題を覚えてもらうのが良いでしょう。しかし、上記でも説明したようにそれができないと全体的に解けなくなるというような問題が出てくる場合は少し異なりますので注意です。そのような中核の問題を放置するとすべての問題を解くことができません。例で言えば数学の公式がわからないのでは多くの計算ができなくなります。ですから、そのような重要なことはしっかりとはじめに教えておくようにしましょう。そうしないと中学受験に合格できません。ですから、できないことを後回しにする場合は、問題によることを理解して中学受験に合格できるようにしましょう。