塾や学校の弱点に注意

学校や塾で中学受験のために勉強をするのですが、これらの場合幾つか弱点がありますので、中学受験をする場合は少し考えてしたほうが良いでしょう。

学校や塾の弱点とは、わからないことがすぐに聞けないところです。場合によっては時間切れになってわからずじまいで終わることがあります。それがあると子供はわからないまま放置する場合が多いので中学受験に支障が出てくることがあります。先生にわからないことを聞いたり、自分で調べて理解できたりするなら良いのですが、それが難しい場合もありますのでその弱点に注意しましょう。それを避けるためにも復習で確認しないといけません。できるなら親として復習時にいたほうが良いのですが、それができるのは低学年まででしょう。高学年となると習慣でも無いと親との勉強はしたくないものなので、中学受験をする場合はその点に注意です。

家庭教師は上記のような弱点はほぼありません。個人で勉強をしていくので、予習や復習でしっかりと理解して勉強できる場合があります。ただし、注意して欲しいのがその教える人が理解しやすい説明をするかです。家庭教師は良い先生に当たれば良いですが、悪いと正直良くありません。ですから、よく考えて中学受験のために選択するようにしましょう。