押し付けてはいけない

中学受験を子供にさせる時に注意して欲しいのが中学受験を押し付けるような事はしないようにしましょう。押し付けるようなやり方をしても子供のモチベーションの低下の原因になります。それに、場合によってはその押し付けが後々良くないことになる場合もありますので、あくまでも子供が受験をしたくなるようにしましょう。

親の方も中学受験をしたほうが子供のためになると思って受験をさせようとする場合がありますが、それはあくまでも親の考えです。子供の場合は違う考え方をしているでしょう。特に中学受験をしたことによりどのようなメリットがあるかなどは説明していない限りは理解していません。ですから、どのようなメリットがあるかを子供が興味を持つような説明するようにしましょう。また、子供に出てくるデメリット、この場合は小学校の友達と離れるかもしれないなどの説明をしておくことも忘れないようにしましょう。

勉強の押し付けが本当に注意です。「勉強しなさい」といった押し付けをすると子供は反抗をすることが多いです。ですから、うまく勉強を促すようにしないといけません。それがうまく行けば進んで勉強をしていくことでしょう。そして、自分で中学受験をしてくれるようになります。押し付けていると親のほうで怒っているように思われることもありますので注意です。