中学受験のタイミング

中学受験のタイミングとしては、できるだけ早ければ早いほど良いので本気でやりたいなら小学1年生からするのが良いでしょう。しかし、ある程度要領よく勉強できて、ある程度の知識が子供にあるなら少し遅くても問題無いです。ただし、あまりにも遅いと中学受験を行う時間が無いので注意です。

決めるタイミングとしては、4〜5年あたりには中学受験をするかを決めておいた方が良いでしょう。1年で中学受験ができなくもないですが、失敗する確率がかなり高まるのである程度勉強ができる年数が必要になるでしょう。それに、勉強の復習とこれからの勉強のことを学ぶことを考えるとある程度早めでないと成功しにくい状態になりますので注意です。故に、4〜5年あたりには決めていないといけません。どうするか決めかねているならとりあえず勉強をさせておくのが良いでしょう。中学受験をしないにしてもある程度の知識がないとこれから大変ですから、勉強はしておきましょう。

中学受験のタイミングは早いほうが良いです。そのほうがひとつひとつ理解をして勉強をすることができるので子供の負担が減ります。しかし、中学受験も必ずやらないと行けないわけではないし、お金がかかります。それ故にしたくないという親もいるかもしれません。しかし、子供のことを考えておくことはしておいた方が良いです。