中学受験の志望校

中学受験の志望校はお父さんと娘さんで良く話し合って決めることが肝心です。学費、通学、中学受験の難易度、など総合的なことを考えて、中学受験に向けて何を重視するか、を決めていきます。そして、一番大切なことは「娘さんが自発的に受験に向けて勉強をしたくなる学校」であるということです。この「学校に行きたい」という気持ちがないと受験勉強に意義を見いだせず、辛いことだけになってしまいます。

中学受験の志望校は、実際に娘さんと一緒に学校選びから始めることをお勧めします。目標の中学校を絞ることは大切ですが、第一候補から第三候補まである程度、目標には柔軟性を持たせて、目標中学校に向かって勉強が出来るようにしておくと良いでしょう。

また、入試に向けて過去の問題集や塾、教材選びも一緒に親子で進めていくことをお勧めします。志望校が決まれば、ある程度合格に向けての準備は決まってきます。お互いに目標の学校も決まれば、それに向けて準備や努力できることも多くなってきます。勉強方法なども、早い段階から習慣づけて、目標を持って取り組むようにすれば、成績やテストで一定の点数、結果を残せた時には達成感や目標に近づいていくことを父と娘で一緒に分かち合うことができます。